感動した結婚の贈り物について

感動した結婚の贈り物について

結婚式での両親への贈り物

今まで多くの結婚式に出席してきましたが、自分も含めて披露宴の終盤で新郎新婦が両親に贈るプレゼントがいつもどのような物なのか気になっています。私自身の時は、新郎の両親には百貨店の商品券5万円分。新婦側(私の)両親には新幹線の乗車券が買えるギフト券にしました。私は遠方に嫁ぐことになり、結婚が決まってから両親が一度も嫁ぎ先に来たことが無かったので、どんな所で生活するか見て欲しい。という思いでギフト券を贈ったのです。「是非遊びに来てください」という一言も添えて。やはり思い出は一生ものだと思ったので、なかなか旅行なども行かない両親だからこそ二人で遠出をしてほしいという気持ちもありましたので喜んでいただきました。今まで出席した式を見てみると、自分の生まれた体重と同じ重さのぬいぐるみが比較的多かったと思いますが、中には新郎新婦二人で作った湯飲みや茶碗などの焼き物なんかもありました。

最近、あ、いいなと思ったものは、一枚の大きな板を3等分して3台の掛け時計にしたもの。1台は新郎新婦・そしてあとの2台はお互いの両親に。「3つの家庭はつながっている…」という意味を込めて一緒に時を刻んで行こうという気持ちもあると司会の方が言っていてとっても素敵だな〜と思いました。そんな時でもプレゼントをもらうのは嬉しいものです。一生に一度の大切な結婚式。その時に両親への感謝の気持ちも込めて自分たちらしい贈り物であれば良いと思います。